• ホーム
  • 軽めなら病院より自分で治す!おすすめの市販のニキビ治療薬

軽めなら病院より自分で治す!おすすめの市販のニキビ治療薬

肌がきれいな女性

放置して治す方も多いように、軽いニキビなら病院で治療を受けなくても自然と治ります。自力で治す際に使用するのは市販のニキビ治療薬ですが、選ぶにあたり種類が多くて迷う方も多いでしょう。ここではおすすめとして、メンソレータムアクネス・ペアアクネクリーム・セナキュアの3つを取りあげています。治療には肌の状態や体質も大事ですので、自分に合う市販薬探しの参考にしてください。

ロート製薬が製造販売を行うメンソレータムアクネスニキビ治療薬は、一般用医薬品(市販薬・家庭用)の化膿性疾患用薬です。主成分はレゾルシン・イオウ・グリチルリチン酸・トコフェロール酢酸エステルで、赤色または痛みを伴うニキビに効果を発揮します。用法は洗顔後1日数回、適量を患部や患部周辺の皮膚に塗布します。5日?6日間使用を継続しても快方の兆しがない場合は使用中止し、メンソレータムアクネスに付属する説明書を持って医師・薬剤師・登録販売者に相談してください。

ライオン株式会社が製造販売を行うペアアクネクリームWは、一般用医薬品の化膿性疾患用薬です。主成分はイブプロフェンピコノールとイソプロピルメチルフェノールで、成分浸透型の作用でニキビを芯から治します。

しっとりクリームですが、伸びが良いためベタつきません。塗った後は透明化するように作られているので、塗布した後に化粧をすることも可能です。性質は肌に近い弱酸性なので低刺激、植物系を思わせるほのかな香りを有します。用法は1日数回、石鹸で洗顔をした後に適量を患部に塗布します。ペアアクネクリームは患部にのみ使用可能であり、患部の周辺を含む広範囲の使用には向きません。約1ヶ月使用しても快方の兆しがない、あるいは使用により悪化した場合は使用を中止し、薬剤付属の説明書を持って医師・薬剤師・登録販売者に相談してください。

小林製薬が製造販売を行うセナキュアは、一般用医薬品の化膿性疾患用薬です。主成分はサリチル酸・エタノール・アラントインで、背中ニキビ向けの製品として名称は背中のセナにキュア(治癒や対策を意味する英語cure)で成り立っています。用法は1日2回、適量を患部に塗布します。薬剤が背中にしっかり塗布されるようにスプレー式となっており、15cm離して噴射することで135mmの範囲まで薬剤が広がります。しかも弱酸性で、肌に優しい性質です。手が届きにくい背中ニキビが気になる方におすすめです。

関連記事
隠すのか治すのか!ニキビができてしまった時の効果的なメイク方法 2020年01月15日

ニキビがある時にメイクをする時は、コンシーラーで隠すことが一般的です。コンシーラーをニキビの上に覆うように塗ることから、隠すメイク方法は覆い塗りとも呼ばれます。色素が浮き出ないように厚塗りし、境目を軽くぼかすことで目立たなくなります。塗り方は、まず隠したいニキビのところにコンシーラーを一回り大きく塗...

炎症系のニキビにはアダフェリンと外用抗菌のニキビ治療薬を併用するのが効果的 2019年12月26日

アダフェリンは世界80ヶ国での使用実績を持つ、知名度と安全性の高い外用ニキビ治療薬です。主成分はアダパレンで、日本では同成分の製品がディフェリンゲルという名称で製造販売されています。国内で流通するのはディフェリンゲルであることから、アダフェリンよりもディフェリンゲルの名称を見聞きする方が圧倒的に多い...

ニキビによる化膿などに用いられる塗り薬「ダラシンTゲル」の効能 2019年11月22日

ダラシンTゲル(クリンダマイシンリン酸エステルゲル)は、クリンダマイシンの抗菌外用剤です。形状はゲルタイプ、佐藤製薬が製造販売を行っています。タンパク質の合成を阻害し、アクネ菌など細菌類の増殖や生命維持を阻害する働きがあります。主に、化膿性ざ瘡の治療に使う外用薬です。用法は適量を1日2回、洗顔後に患...