• ホーム
  • 炎症系のニキビにはアダフェリンと外用抗菌のニキビ治療薬を併用するのが効果的

炎症系のニキビにはアダフェリンと外用抗菌のニキビ治療薬を併用するのが効果的

肌がきれいなので満足をする女性

アダフェリンは世界80ヶ国での使用実績を持つ、知名度と安全性の高い外用ニキビ治療薬です。主成分はアダパレンで、日本では同成分の製品がディフェリンゲルという名称で製造販売されています。国内で流通するのはディフェリンゲルであることから、アダフェリンよりもディフェリンゲルの名称を見聞きする方が圧倒的に多いです。

主成分アダパレンには、毛穴の皮脂詰まりでアクネ菌が増殖して炎症を起こすといった働きを抑制する作用があります。ニキビを出来にくくするよう働きかけるため、初期段階のニキビにも効果が期待できます。ピーリング作用も含まれていることから、角質除去の効果は専門家も多く認めています。

用法は1日1回目安、使用タイミングは寝る前です。洗顔後に低刺激性保湿化粧品をつけてから、患部と患部周辺に薄めに塗り伸ばしましょう。塗布の前に保湿する理由は、使用後の副作用発生率を低減するためです。連続使用期間は最長12ヶ月まで、それ以上の使用は逆効果になり得ます。治療を続けたい場合は医師や薬剤師に相談しましょう。また、顔のニキビ以外には使用できません。

アダフェリン(ディフェリンゲル)は、皮膚科における保険適用のニキビ治療で最も基本的な薬剤とされます。初期の段階であれば単体でも経過良好に快方へと向かいますが、炎症が発生している赤や黄色のニキビに対しては外用抗菌のニキビ治療薬と併用した方が効果的です。アダフェリンを塗布した後、外用抗菌のニキビ治療薬を塗ってください。

一般的に併用されることが多いのは、保湿剤としてのヒルドイドやワセリンです。アダフェリンは乾燥を引き起こしやすいため、保湿剤と併用することが基本となります。他の薬剤と併用する場合は、症状に応じて使う薬剤が変わります。

軽度の赤ニキビに対してはデュアック配合ゲル、またはダラシンTゲルなどの外用抗菌薬を併用します。赤ニキビが6つ以上の中等症状態には外用薬ではなく、ビブラマイシンやミノマイシンといった内服抗菌薬を一緒に使います。

肌が乾燥しない方には、ベピオゲルの併用が提案されます。実際に併用している方は少ないため、ベピオゲルとの併用は稀なケースとされます。しかしアダフェリンの副作用が強く出てしまう方には、代用としてベピオゲルを使うことが多いです。

アダフェリンの入手方法は皮膚科で処方してもらうことが一般的ですが、個人輸入でも購入できます。価格相場は約2000円程度ですが、製品や情報の質を見て信頼性の高い個人輸入代行サイトを利用しましょう。

関連記事
隠すのか治すのか!ニキビができてしまった時の効果的なメイク方法 2020年01月15日

ニキビがある時にメイクをする時は、コンシーラーで隠すことが一般的です。コンシーラーをニキビの上に覆うように塗ることから、隠すメイク方法は覆い塗りとも呼ばれます。色素が浮き出ないように厚塗りし、境目を軽くぼかすことで目立たなくなります。塗り方は、まず隠したいニキビのところにコンシーラーを一回り大きく塗...

軽めなら病院より自分で治す!おすすめの市販のニキビ治療薬 2019年12月07日

放置して治す方も多いように、軽いニキビなら病院で治療を受けなくても自然と治ります。自力で治す際に使用するのは市販のニキビ治療薬ですが、選ぶにあたり種類が多くて迷う方も多いでしょう。ここではおすすめとして、メンソレータムアクネス・ペアアクネクリーム・セナキュアの3つを取りあげています。治療には肌の状態...

ニキビによる化膿などに用いられる塗り薬「ダラシンTゲル」の効能 2019年11月22日

ダラシンTゲル(クリンダマイシンリン酸エステルゲル)は、クリンダマイシンの抗菌外用剤です。形状はゲルタイプ、佐藤製薬が製造販売を行っています。タンパク質の合成を阻害し、アクネ菌など細菌類の増殖や生命維持を阻害する働きがあります。主に、化膿性ざ瘡の治療に使う外用薬です。用法は適量を1日2回、洗顔後に患...