肌を気にする女性

ニキビとは、毛穴に溜まった皮脂により出口部分が炎症を起こして隆起した発疹の一種です。医学的には尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)と呼ばれ、皮膚病の1つとして扱われます。原因は様々ですが、大きな要因になると言われているのは毛穴の閉塞・過剰な皮脂分泌・アクネ菌の過剰繁殖の3つです。

毛穴の閉塞は肌のターンオーバー不良や過剰な皮脂分泌で起き、皮脂を主食とするアクネ菌の過剰繁殖に繋がります。アクネ菌は常在菌ですが、過剰になると膿や腫れを伴うニキビを引き起こします。以上の要因で生じるニキビですが、症状の進行段階に合わせて状態は変化します。各状態が持つ特徴から、それぞれ白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビと呼ばれています。

白色は初期段階で、毛穴に詰まる皮脂が白っぽく見えます。膿・腫れ・痛みがなく、赤みもないので目立ちません。黒色に見えるのは、白状態から表面に出てきた皮脂が空気に触れて酸化したものです。

赤色は、炎症により赤く盛り上がった状態です。毛穴に詰まった皮脂の中でアクネ菌が増殖し、その内部刺激で皮膚に炎症が起こります。黄色は、膿の色です。最も悪化した状態で、治るまでに時間を要します。

ニキビの種類分けは、年齢や部位によるものもあります。年齢による分類では思春期型と大人型に分かれますが、暗喩的な若い・若くないを示すものではありません。思春期型は正常な成長段階で起きる年齢特有のホルモンバランスが関係しているため、大人型とは原因が異なるというだけです。

思春期型は男女共に起きる成長期の一時的な男性ホルモン分泌の増加が原因ですので、20歳前後まで生じる可能性があります。一般的には、皮脂分泌の多いTゾーン(おでこから鼻の部分)に生じることが多いです。強い炎症を起こした思春期型がクレーター化した場合、20歳以降も治らない皮膚の凸凹に繋がります。

大人型は、乾燥・食生活の乱れ・ストレスなどを原因とした過剰な皮脂分泌やターンオーバー不良が原因です。成長に伴う一時的なホルモン増加が原因ではないため、20歳以降に発生します。Uゾーンと呼ばれる顎の辺りにできやすく、思春期型と同様に強い炎症を持つ場合はクレーター化して皮膚に凸凹が残る可能性があります。

部位別の種類では大まかに、額・眉辺りから鼻・顎と首・口周り・背中に分かれます。額は思春期型で多く、ホルモンバランス・前髪・洗い残しが主な原因です。眉辺りから鼻にかえての部位は皮脂が最も多いところですので、過剰な皮脂分泌により毛穴の閉塞が起きることが原因になります。口周りは、食べ過ぎ・胃腸の不調・栄養バランスの偏りなどが原因です。顎や首は男性ホルモンの影響が大きいと言われますが、頬杖やマフラーなどによる刺激が原因になることもあります。背中は皮脂線と汗が多いため、睡眠時など通気性が悪くなる時間に生じる傾向があります。